スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【出発21,22日目】-ロシア行きバスチケット-

mongolia.gif

この日は朝から雷雨。日本でも年1、2回くらいしかお目にかかれないほどの豪雨だった。
外には出られないのでネットで色々検索していると、lonely planetの掲示板にDiscover Mongolia Centerというところでバイカル湖近くのウラン・ウデ行きのバスチケットが買えるとの情報が載っていた。

宿の兄ちゃんにバスでロシアに行けるらしいね、と言うと
そのオフィスならこの宿のすぐ近くだよ。と言われた。

記憶が曖昧だったが、多分見たことがあると思い
知ってる知ってる♪

と調子よく答えた。

夕方、雨が止んでオフィスがあると思わしき方向へ歩いて行った。
スポンサーサイト

【出発20日目】-ウラン・バートル-

mongolia.gif

昼過ぎにガルとウラン・バートル駅に向かう。
ロシアに抜けるため、電車で国境まで行ってそこから何かしらの方法でロシア国境を渡ろうと考えた。

念のため、国際列車のスケジュールと値段を確認した。

ちなみに、ガルが左肩に謎の膿が発生し、その除去手術代を払ったために一文無しになってしまったらしく、今日の全ての費用をおれが支払うことになった。

そのお陰か物価の安いはずのモンゴルで相当の金を使ってしまった。

【出発19日目】-再会-

mongolia.gif

朝、5時過ぎに寒さで目が覚めた。外を見ると明るくなってきていた。
そのままシーツに包まりもう一眠りしようとしたが、周りの乗客の動きが慌しくなってきたので、起きて準備をすることにした。
ウラン・バートル到着予定時間は7時過ぎだ。

【出発18日目】-Energy?-

mongolia.gif

ブルーノはゴビ砂漠のDalanzadgadかスフバートル県のDarigangaという町に行きたがっていた。
ここ、Sainshandに来たのもこの2つの町に行ける可能性があると、モンゴル地図から推測したからだった。

僕はウランバートルにさっさと行って、去年知り合った友達に会ってロシアに入るつもりだったが、
とてもいいとこだと聞いたというので一緒にバスを探すことにした。

P8150994.jpg

【出発17日目】-モンゴル電車とクソホテル-

mongolia.gif
17時30分、ウランバートル行きの電車に乗り込んだ僕とブルーノ。
自分達の席を探すも全然わからない。
乗客のおばちゃんにチケットを見せるとここに座りなさいを座らせてくれた。
荷物を最上段に置いてようやく一息つくことができた。

でかいリュックを背負った日本人と西洋人が電車に乗ってきたので周りの乗客は好奇の目で僕達を見ているのがわかった。
座らせてくれたおばちゃんが声を掛けてきた。
モンゴル語だからよくわからなかったが、いいたいことはなんとなくわかる。
Profile

shibattu

Author:shibattu
柴田大祐の飛行機を”ほとんど”使わない旅。
2010年7月30日出発。
第1部;ユーラシア大陸陸路・航路横断 -2011年1月3日終了-
【インターミッション】ロンドン・アメリカでぶらぶら
第2部:中南米縦断 -2011年1月24日開始-

ちなみに今はブラジルのサン・ルイス(6/02)

New Entry
Calender & Archives
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
Category
Photo
Access Counter
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。