スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Information】-ロシアビザ-

2006年頃からロシアビザに関する規定が厳しくなったそうで、日本人は日本以外の場所でビザ取得が不可能になったそうです。(実際は、取得可能※後述)
日本語のサイトを見ると、ロシアの観光ビザを取得する為には、ロシアあるいはロシア旅行を扱う資格を持った日本の
旅行代理店でのツアーを申し込むか、ロシア滞在中のホテル、移動手段(チケット)とそのバウチャー(支払い証明書)を提示しなければならず、実質ロシアの個人旅行は不可能である、とされている。

しかし、海外のサイトやロシアの旅行代理店のサイトを見ると観光ビザについてはほとんど触れられておらず、替わりにインビテーション(招待)ビザについて詳しく書かれていた。

地球の歩き方などにも少し触れられているがそこまで詳しくない。

ここでは僕も取得した招待ビザ(観光)と業務ビザについて書く。

ロシアビザについて】
まず、ロシアビザ取得の為に以下のサイトを参考にした。

http://www.seat61.com/Trans-Siberian.htm#Fares

イギリスの恐らく個人が立ち上げたサイト
シベリア鉄道のみならず世界中の鉄道旅行に関する情報が満載。
筋金入りの鉄っちゃんが作製したと思われる。
それにしてもものすごい情報量・・・。

ビザは主に3種類
・トランジットビザ:10日間まで滞在可能
・観光ビザ:30日間まで滞在可能
・業務ビザ:90日間まで滞在可能

違いについては在日ロシア連邦大使館ホームページを参照されたい。


【招待状発行】
では招待ビザとはなんなのかと言うと、
旅行代理店などが発行する招待状により申請できるビザで、招待状発行以来時に滞在予定都市のみ聞かれる。代理店側が適当に選んだホテルのバウチャーを発行してくれる。もちろんホテル代を払う必要はない。更に、それらのホテルに行く必要もない。もっと言ってしまえば記入した都市に行く必要もなく、実質的に個人自由旅行が可能である。申請した入国日以降に入国し、出国日以前に出国すればいい。あとは好きなようにロシアを楽しむことができる。
ホテルでも発行してもらえるらしい。詳細不明。

肝心の招待状はインターネットで簡単に取得できる。
バウチャーと招待状が代理店サイトでカード支払い後、自分の指定メールアドレスにPDFファイルが送られてくるので、これとビザ申請書を持ってロシア大使館に申請すればOK。

一番上のリンクに5つほど代理店がピックアップされているのでそれらから選ぶといいだろう。
値段、サービス等から判断してWay to Russiaで招待状発行を依頼した。シングル、ダブルエントリー共に翌日発行で$30、即日発行で$45。


【業務ビザ】
また、この招待ビザは観光ビザのみならず業務ビザも取得可能である。
業務ビザ取得に関した詳しい取得情報は以下のブログにあります。
http://omnipotblog.blogspot.com/2010/04/1.html

とてもわかりやすく参考になります。

【ビザ申請】
各種ロシアビザはビザ受給者または旅行代理店の者が直接ロシア大使館で申請する。
場所等は以下に。
ロシア大使館

申請料はいずれのビザでも2週間後以降受け取りで無料。
・観光ビザ 1週間後:5,000円 翌日:10,000円
・業務ビザ 1週間後:無料 翌日:10,000円

○必要書類
パスポート:期限が6ヶ月以上あるもの
写真:申請書に添付
バウチャー及び招待状(ビザサポート):ロシアの代理店の物はコピー可、日本の代理店の物は原本
申請書:ロシア大使館サイトでPDFダウンロード、大使館でももらえるらしい
※申請書の記入事項についてはomnipotblogに載ってます。

申請可能時間は平日(ロシアの祝日除く)の9:00~13:00まで。
僕が行った時は結構込み合ってました。
大使館内に入ったら番号札を取りましょう。番号順に申請していきます。(受け取りの際は不要)
担当官によっては日本語、英語も可能です。

申請後、隣の窓口で支払い。僕は出発まであまり時間がない時に申請してしまったので1週間受け取りにした。
支払いない人については不明。何か言われるでしょう。

支払い窓口で支払い証明書の緑色の紙を渡される。受け取りの際の引換券となるので絶対になくさないように。

それではロシアの自由旅行をお楽しみください!



【海外でのロシアビザ取得について】
僕は実際に取得していないが、リトアニアで会った友人がリトアニアの旅行代理店にてベラルーシ通過ビザと共にロシア観光ビザを取得していた。詳細は聞いていないが、値段は滞在日数により変わるようで、友人は5日間のロシア滞在とベラルーシビザと合わせて€100以上したと言っていた。(もっと高かったかも・・・)
その他、ギリシャでの取得情報もありますが、こちらは少し古い情報なので今現在は不明。
長く楽しみたい方、安く済ませたい方には日本で取ることをおすすめします!

※本エントリーの情報は2010年7月(海外情報は同年9月)現在のものです。申請の際は最新の情報を確認した後に申請していただくようお願い致します。尚、当サイトの情報により不利益が生じたとしても、私は一切の責任を持ちませんので悪しからず。
スポンサーサイト

tag : ロシアビザ

コメントの投稿

非公開コメント

Profile

shibattu

Author:shibattu
柴田大祐の飛行機を”ほとんど”使わない旅。
2010年7月30日出発。
第1部;ユーラシア大陸陸路・航路横断 -2011年1月3日終了-
【インターミッション】ロンドン・アメリカでぶらぶら
第2部:中南米縦断 -2011年1月24日開始-

ちなみに今はブラジルのサン・ルイス(6/02)

New Entry
Calender & Archives
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 
Category
Photo
Access Counter
Twitter
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。